toggle
川崎市内の「地域包括支援センター」は市から委託を受けた法人が設置運営している公的機関です。

栗木台地域包括支援センターとは

地域包括支援センターとは

1.公的な相談機関です。2006年の介護保険制度改正によって、「地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な援助を行うことにより、その保健医療の向上及び福祉増進を包括的に支援することを目的とする施設」として設置されました。

2.担当エリアがあります。(下記参照)市区町村が設定した担当圏域ごとに、直営または委託によって開設されています。川崎市内の地域包括支援センターはすべて委託によって運営されています。

3.知り得た情報・秘密は厳守します。保健師または経験のある看護師、社会福祉士、主任ケアマネジャーなどの職種で構成されるチームが配置され、支援事業を行っています。職員として守秘義務が課せられておりますので、安心してご相談いただけます。

4.無料でどなたでもご利用可能です。電話1本でご自宅へ伺います。ご高齢者やご家族の相談をワンストップで受け止めて、必要なサービスへつなぐことのほか、要支援の方や虚弱高齢者の介護予防ケアマネジメント、権利擁護事業、地域のネットワークづくり、高齢者虐待防止において義務化された虐待の通報を受け付けるなどの窓口となっています。

【川崎市 発行のリーフレット】

包括支援センター

 

担当エリア

「栗木台地域包括支援センター」が担当するエリアは次の通りです。

  • 南黒川   栗平2丁目  細山
  • 黒川    栗木台   金程
  • はるひ野  栗木    向原

 

地図

担当エリアの “特色”

「栗木台地域包括支援センター」が担当するエリアの “特色” は次の通りです。