toggle
川崎市内の「地域包括支援センター」は市から委託を受けた法人が設置運営している公的機関です。
2018-08-03

「広がれ、小さなサポーターの種!」

栗木台包括担当エリア内の小学校で認知症サポーター養成講座を行いました。
対象は、1校目が4年生、2校目が6年生でした。

“みんなを笑顔に”というテーマで、認知症についての正しい理解はもちろんのこと、何よりも相手の立場を考え、やさしい気持ちで接することを大切にしてほしい、というお話をさせていただきました。
先生方にも寸劇に加わっていただき、台詞や朗読をお願いして(ご協力、感謝いたします!)、より小学生にもわかりやすく伝わるようにと工夫してみました。

認知症の正しい理解と適切な対応ができる心を、早いうちから育てる…その種を私達がたくさんまいていく必要性を感じています。
キッズサポーターになってくださった皆さん、よろしくお願いします♪
未来の若者に将来を託して…広がれ!たくさんの種。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA